地形を問わず対応可能な特殊伐採について

林業には「特殊伐採」という通常の伐採作業(ここでは樹木の根元から伐採することを指します)とは異なる特別な伐採方法があります。
特殊伐採が必要になる状況として、樹木の成長に伴い通行や隣接地等への障害となった場合、気象や枯損により倒木・枝落下の危険性があった場合などが想定されます。その様な樹木を安全に処理する為に特殊伐採が必要となります。
特殊伐採は地形や場所を問わず、公園、寺社仏閣、農地、街路樹などでも有効に活用されています。

以下、特殊伐採について説明します。

伐採方法

特殊伐採には高所作業車などの重機使用の有無で二つの方法に分かれます。重機を使用しない場合はツリークライミングを利用した伐採が主になります。

○重機あり:高所作業車等を使用して伐採を行う場合

○重機なし:ツリークライミングの技術を使用したツリークライマー等が伐採を行う場合

伐採方法の判断

例えば、対象の樹木を伐採する際、周囲に十分なスペースが確保できる場所があれば高所作業車などの重機の使用が有効となります。
一方、伐採範囲が限られた場所での作業は、ツリークライミングなどのロープワークを駆使した伐採作業が有効になります。

特殊伐採が必要となるシーン

○自然災害(台風、大雨、豪雪)により根返り、幹折れ、枝落ちなど発生した場合

 被害によっては大変危険な現場となるため早急な対応が求められる場合があります。

○建物、道路、電線、鉄道などに近接して生育している樹木が障害となる、もしくはなっている場合

 倒木の危険があったり、枝葉が近隣の境界に侵入している場合、事前に伐採などの処理をすることで近
 隣とのトラブル回避に繋がります。         

○ナラ枯れ、マツ枯れ等の病気や害虫の制御が必要な場合

 病気や害虫の被害により樹木が枯れている場合、通常の伐採が困難になるため特殊伐採が必要となる場
 合があります。

○100年以上の高樹齢(大木、高木)を伐採する場合

 高齢樹の場合木材価値が非常に高く、その品質を保つために特殊伐採が行われることがあります。

労働安全と必要な技術

特殊伐採を行うには実施者の生命と健康を守るために必要な労働安全対策が必要となります。

○伐木等の業務に係る特別教育

○フルハーネス型安全帯(墜落制止用器具)特別教育

○ロープ高所作業特別教育

○高所作業車運転特別教育

○玉掛け技能講習

 その他、状況に応じて必要な資格を習得する必要があります。

まとめ

特殊伐採は、だれでもできるものではなく、普段から伐採業務に携わっている林業従事者でも対応できない場合があります。
特殊伐採が必要な場合は対応できる業者にお願いすることをおすすめします。